■不動産の悩みやご相談がある方、学習したい方へはご連絡をください。

● 相談員 志村孝次

● 保有資格
・NPO法人相続アドバイザー認定会員
・公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士・土地有効活用士
・2級建築士
・AFP2級ファイナンシャルプランナー
・宅地建物取引主任者

● 会場:クレア相談ルーム

 ※現在、神奈川銀行センター北支店にて、無料相談会を実施

2011年06月

LED照明

 工業デザイナーの友人が、建築家とのコラボした住宅リフォームの仕事でLED住宅照明のフル装備を作り上げました。残念ながら、建築現場が北海道なので、実際の建物を見に行く機会はありませんが、掲載されている地元の建築雑誌の写真や記事を見せていただいて、とても刺激になりました。

省エネ・エコ時代に伴い、消費電力を抑えて、電気そのもの耐久性も備わっているLED照明は、注目される照明であることは、間違いがないと思います。

 一方熱効率は、白熱球に比べれば良いが、蛍光灯と比べると熱効率はあまり変わらないようなので、LED照明の耐久性と蛍光灯の低コストのバランスで、蛍光灯からLED照明へと急速に変わっていくには、例えば、電球の販売価格が鍵になるかもしれません。

6月6日の読売新聞によると、家電量販店のノジマ(横浜市)は3日、プライベートブランド(PB)のLED電球を980円で売り出した。8月末までの期間限定だが、市場平均の半値を切る。5月下旬には全国の家電量販店でのLED電球の売り上げが初めて白熱電球を上回っており、価格下落で普及に拍車がかかりそうだ。と、記事にありました。

ノジマが発売したLED電球「ELSONIC(エルソニック)」の本来の価格は1480円だが、消費者の節電意識の高まりに応えるため、発売当初は利益を削って買いやすい価格設定にしたという。調査会社GfKジャパンによると、家電量販店の5月第4週(23~29日)のLED電球の販売個数は前年同期比で約2・9倍に達した。電球全体の4割超を占め、白熱電球を上回った。とも、ありましたから、LED電球の普及は加速しそうですね。

その友人は、照明だけではなく、液晶パネル用バックライトの技術を持っているそうです。(私には、詳しいことは分かりませんが、ipadなどにも使用されているのかな。。)

 LED照明の普及は、雑誌で見せていただいた北海道での住宅事例のように、お施主さんにエコや省エネの意識があるとか、施工側の積極的な提案が、まだまだ必要なのかもしれません。

 これを機会にクレアとしても個人的にも、少し考えていかなければならないと思いました。Nさんありがとうございます。


株式会社クレア 
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台2-1-25  TEL:045-949-1615 FAX:045-949-1669
Copyright © 2011 CREA All rig